Menu

半永久的にラインをキープ

医師

切開法の特徴をチェック

名古屋美人という言葉があるくらい、愛知県の名古屋市周辺には美しい女性が多いと言われているのをご存じでしょうか。美人の条件の1つとして今は二重まぶたが上がりますが、名古屋で生まれた女性全員が、クッキリとした二重まぶたということはありません。やはり腫れぼったい一重まぶたという人も多く、目が小さく見えるということにコンプレックスを感じている名古屋女性も大勢います。もし、まぶたの皮膚や脂肪が厚く腫れぼったい目元がコンプレックスだという場合、美容整形でキレイな二重のラインを作ってみてはいかがでしょう。まぶたの腫れ感が強いという人がクッキリとした、二重のラインを美容整形で作りたいという場合は、「切開法」がおすすめです。切開法はまぶたの皮膚をメスで切開して、縫合することで二重のラインを作るという美容整形で、作ったラインは半永久的に取れません。皮膚を切開してから脂肪を除去することも可能で、まぶたの脂肪が多いという人もスッキリとした印象の目元へと変わります。また、ラインの幅を自由に決められるのも切開法の特徴で、西洋人のような広い幅の平行二重にすることも可能です。切開法には大きく分けて部分切開と全切開という施術法があり、文字通りまびたを切開する範囲が異なります。部分切開はまぶたを約1cmからcm程度、全切開はまぶた全体をメスで切開するという施術法で、希望するラインに合わせてどちから選ぶことになります。

Copyright© 2018 二重整形で目元を華やかに【スッピン時に自信を持ちたいなら】 All Rights Reserved.